社会保険

社会保険 (しゃかいほけん)とは、
社会保障の分野
社会保険、保健、公的扶助、社会福祉)のひとつで、
国民が生活する上での
疾病、老齢、失業、労働災害、介護などの
事故(リスク)に備えて、事前に強制加入の保険に
はいることによって、事故(リスク)が起こった時に
現金又は現物給付により生活を保障する仕組みです。

主に国または地方公共団体が直接管理・運営しますが、
医療保険の一部では企業やその業界団体が健康保険組合を
独自で設立し管理・運営することができます。

対象者は強制加入が原則で、保険料に国庫や事業主から
負担金が拠出されているところが民間保険と異なる特徴です。

社会保険の種類
基本的に社会保険は
医療保険、介護保険、年金保険、雇用保険、労災保険の
5つからなり、すべて強制加入です。

医療保険、介護保険、労災保険(療養費)は現物給付であり、
年金保険、雇用保険、労災保険(療養費以外)は金銭給付です。

・医療保険
 ・健康保険−一般民間被用者
 ・船員保険−船員
 ・国民健康保険−自営業、無職者
 ・共済組合−公務員・私立学校教職員等

・年金保険  ・国民年金−全国民に対し基礎年金として適用される
 ・厚生年金−船員を含む一般民間被用者
 ・共済年金−公務員・私立学校教職員等

・介護保険
・雇用保険

・労働者災害補償保険(労災保険)−一般民間被用者

主な保険商品

生命保険(生保:第一分野)

終身保険
養老保険
個人年金保険
定期保険
生存保険(単体では存在せず、何かしらの死亡保障が付属される)

損害保険(損保:第二分野)

火災保険
住宅火災保険
住宅総合保険
地震保険(単独加入は不可。必ず住宅火災保険などと併せて加入する。)
普通火災保険
店舗総合保険
団地保険
海上保険
自動車保険
自賠責保険(俗称・強制保険)
任意保険
所得補償保険
賠償責任保険
個人賠償責任保険
企業賠償責任保険
専門職業人賠償責任保険
瑕疵保証責任保険
船客傷害賠償責任保険
傷害保険
普通傷害保険
家族傷害保険
ファミリー交通傷害保険
国内旅行傷害保険
海外旅行傷害保険
ゴルファー保険

第三分野保険(生保、損保)

医療保険
疾病保険 - がん保険その他の三大生活習慣病保険
(=「特定疾病保険」<とくていしっぺいほけん>という)など
介護保険

保険の概要

加入者数が充分大きければ危険率は一定の経験値に収束する、
という大数の法則により、危険率に見合った保険料を徴収すれば
収支が均衡するはずである、という考え方に基いています。

日本では、国が直接または間接にかかわる社会保険として
健康保険介護保険労働保険(雇用保険、労災保険)、
年金保険(厚生年金・国民年金など)の制度があり、
医療費や介護費、失業時の生活費がカバーされ、
また老後の生活支援の一部となっています。

また、日本郵政公社(旧郵政事業庁)による、
簡易保険(加入条件が緩やか)があります。

民間の保険は、生命保険損害保険疾病(しっぺい)保険などの
いわゆる第三分野の保険の三つの業態に分かれています。

保険期間は、生命保険が数年〜終身と長期にわたり、
貯蓄的な性格を持つものがほとんどであり、
損害保険は一日〜一年程度の短期の掛け捨てのものが多いです。

両者の中間的位置付けである第三分野の保険期間は、
一年〜終身であるものが多いです。

民間の保険会社は、保険業法による免許事業制であり、
生命保険業免許を持つ生命保険会社と、
損害保険業免許を持つ損害保険会社が存在する。
第三分野の保険は、両者とも取り扱います。

上記の保険に似たものには、
主に生活協同組合や農業協同組合などの協同組合組織による「共済」もあります。

この共済のうち、主務官庁を持たない、いわゆる無認可共済については、
2005年に保険業法が改正され、将来的に保険会社または少額短期保険業者のいずれかに移行することが義務付けられています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。