社会保険

社会保険 (しゃかいほけん)とは、
社会保障の分野
社会保険、保健、公的扶助、社会福祉)のひとつで、
国民が生活する上での
疾病、老齢、失業、労働災害、介護などの
事故(リスク)に備えて、事前に強制加入の保険に
はいることによって、事故(リスク)が起こった時に
現金又は現物給付により生活を保障する仕組みです。

主に国または地方公共団体が直接管理・運営しますが、
医療保険の一部では企業やその業界団体が健康保険組合を
独自で設立し管理・運営することができます。

対象者は強制加入が原則で、保険料に国庫や事業主から
負担金が拠出されているところが民間保険と異なる特徴です。

社会保険の種類
基本的に社会保険は
医療保険、介護保険、年金保険、雇用保険、労災保険の
5つからなり、すべて強制加入です。

医療保険、介護保険、労災保険(療養費)は現物給付であり、
年金保険、雇用保険、労災保険(療養費以外)は金銭給付です。

・医療保険
 ・健康保険−一般民間被用者
 ・船員保険−船員
 ・国民健康保険−自営業、無職者
 ・共済組合−公務員・私立学校教職員等

・年金保険  ・国民年金−全国民に対し基礎年金として適用される
 ・厚生年金−船員を含む一般民間被用者
 ・共済年金−公務員・私立学校教職員等

・介護保険
・雇用保険

・労働者災害補償保険(労災保険)−一般民間被用者
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。